2015年3月のアーカイブ

月別: 2015年3月
自公政権が圧勝した昨年末の解散総選挙ですが、実はこの時、安倍内閣は選挙戦で高齢者票を獲得するため、医療保険制度改革試案の公表を先延ばししました。なぜならこの医療保険制度改革試案には、後期高齢者医療制度の特例措置の見直しなど高齢者に負担増を求める内容が盛り込まれていたからです。 【変更点1】自己負担は1割から2割へ 現在は、介護保険サービスを利用者は、年収などにかかわらず1割を利用者が負

詳しくはこちら

金銭によって企業が自由に雇用契約を解除できる制度(解雇の金銭解決制度) 「解雇の金銭解決制度」と言われるこの制度が導入されると、労働者が裁判で不当解雇を争って仮に勝訴しても、会社が一定の解決金を払いさえすれば、この労働者を職場に戻さず、雇用契約を解除することが出来る様になります。 現在の法律では、企業が従業員を解雇する際には、厳格に解雇4要件を満たす必要があります。また不当解雇を行った

詳しくはこちら

安倍政権は、仕事の内容、労働時間、勤務地などが限定された正社員制度(限定・ジョブ型正社員制度)を導入しようとしています。安定雇用を増やすための制度、との政府の説明を受けて無邪気なマスコミ等では、これを容認する論調も見受けられますが、この法律の狙いはそんなに甘いものではありません。 実は現行の法律でも、企業はこの限定正社員制度を導入できますし、実際に多くの企業で「地域限定社員制度」といった形で

詳しくはこちら

「2015賃金闘争、統一地方選挙【勝利】総決起集会」に全国からご参集の仲間の皆さんこんばんは。UAゼンセン政治顧問、かわいたかのりです。 本日は、政治顧問の立場から統一地方選挙に挑戦をする全国71名の候補者に対してエールを送るご挨拶をさせて頂きます。 いよいよ統一地方選挙が始まります。国政与党であった民主党が国民の皆さまのご期待に添えることが出来なかったことが、現在の与党自公政権の暴走

詳しくはこちら

安倍政権は、企業が容易に労働者を期間の制限なく一生派遣労働者として使い続けられるよう、労働者派遣法の改正を行おうとしています。 現在の労働者派遣法では、通訳・翻訳・アナウンサーなどの専門26業務以外は、3年以上の業務の際は直接雇用することが望ましいとされています。これは常用雇用の代替として派遣労働(=不安定雇用)が拡大し過ぎることを防止するためのものでした。従って、現在専門26業務では、3年

詳しくはこちら

企業が残業代を払う対象となる労働者を限定化しようとするものです。これまで残業代の支払い対象は、管理職(幹部)社員を除く一般社員とされていましたが、この管理職社員に「管理職(幹部)候補者」も加えようとするものです。管理職(幹部)候補者であれば、理論上、ホワイトカラーの正社員は、ほとんどが管理職候補者に入ってしまいます。また適用要件を「年収1075万円」「研究・開発職など」に限定する、とのことですが、

詳しくはこちら