かわいたかのりの最新動向をお知らせ

アーカイブ: 活動報告

厚生労働委員会での質疑

 4月11日、厚生労働委員会「精神保健及び精神障害者福祉に関する法律の一部を改正する法律案」の審議において質疑に立ちました。  この法律は、相模原市の障害者支援施設において発生した事件の再発防止のため、精神障害者の入退院や治療の方針等について見直しを行うことが主な立法趣旨とされています。しかし、この事件の被告は精神鑑定…

続きを見る

「北朝鮮による拉致被害者家族支援署名」の手交

 4月6日、UAゼンセンヤングリーブス委員会による「北朝鮮による拉致被害者家族支援署名」を加藤拉致問題担当大臣に手交してまいりました。  UAゼンセンでは、ヤングリーブス委員会が中心となり、日本人拉致被害者全員の救出が一刻も早く実現するよう、昨年に引き続き組織の内外に向け更に世論喚起を行うため、政府が設定する「北朝鮮人…

続きを見る

UAゼンセン政策懇話会「幹事会」

 朝8時から参議院議員会館においてUAゼンセン政策懇話会「第20回幹事会」が開催されました。  まず国会議員団から、予算委員会での焦点となった「森友問題」について今後の動向、後半国会の与野党対立法案となる「組織犯罪防止法」を巡る動き、「働き方改革」を巡る政府の動きと民進党としての対応、厚生労働委員会での重要法案である「…

続きを見る

UAゼンセン政策懇話会流通分科会

 3月31日、参議院議員会館においてUAゼンセン政策懇話会「第4回流通分科会」を開催しました。政策懇話会流通分科会は、流通産業と政治行政との連携を図り、流通産業の健全な発展と建設的な関係の構築、流通業界の社会的地位の向上に寄与することを目的としています。  今回、政策アドバイザーとしての国会議員団を9名に増員したうえで…

続きを見る

厚生労働委員会での質疑

 3月30日、厚生労働委員会「雇用保険法等の一部を改正する法律案」の審議において質疑に立ちました。  まず、雇用保険の国庫負担と給付水準のありかたについて質問しました。雇用情勢の好転により財政状況が改善し、積立金が過去最高水準に達した今こそ給付水準を本則に戻すべきであることを強く求めましたが、塩崎厚生労働大臣からの答弁…

続きを見る

「薬価制度の抜本改革」についての要請書

 3月28日、UAゼンセンから民進党に対して「薬価制度の抜本改革」についての要請がありました。民進党政務調査会室において「要請書」を受け取り、UAゼンセン製造産業部門医薬・化粧品部会のメンバーとの意見交換を行いました。平成28年12月20日に「薬価制度の抜本改革に向けた基本方針」がまとめられました。現在、この基本方針に基…

続きを見る