かわいたかのりの最新動向をお知らせ

UAゼンセン政策懇話会流通分科会

 3月31日、参議院議員会館においてUAゼンセン政策懇話会「第4回流通分科会」を開催しました。政策懇話会流通分科会は、流通産業と政治行政との連携を図り、流通産業の健全な発展と建設的な関係の構築、流通業界の社会的地位の向上に寄与することを目的としています。
 今回、政策アドバイザーとしての国会議員団を9名に増員したうえでの再スタートを図りました。会議では、UAゼンセン流通部門から「主要産業政策」についての説明を受け現状認識を深めるとともに、今後の進め方等について各議員から前向きなご意見をいただくことができました。
 UAゼンセン流通部門が進める主要産業政策の実現に向けては、多くの国会議員との認識の共有化と連携が必要であり、引き続き全力で取り組んでまいります。

○流通部門の主要政策課題
1.環境
  流通産業政策における環境分野の具体的な取り組み内容を提示し、運動を推進する。
2.休日保育の充実
  休日保育の充実に向けて。関係諸団体・議員と連携し、継続して取り組む。
3.悪質クレーム
  悪質クレーム問題への対応に向けた啓発活動を行い、法制化の研究を進める。
4.営業日営業時間問題
  営業日・営業時間問題に関する対応について、討議を行い、具体的な対策を検討する。
5.サービス価値の向上
  サービス価値向上と社会的認知に向けた研究を進める。