かわいたかのりの最新動向をお知らせ

12月17日、埼玉県の加盟組合訪問2日目。本日は、明和グラビア労組、日本フエルト労組、島忠労組、花菱縫製労組、壽グループ労組、八木橋労組を訪問して執行委員や経営陣の皆さまと意見交換を行いました。

明和グラビア、日本フエルトでは会社幹部の皆さまにもご挨拶させて頂き、労使で手を携えて「ものづくり政策・中小企業政策」に取り組む必要性について課題認識を共有化することができました。また八木橋労組では、休日保育や悪質クレーマー対策などの政策要望と合わせて、いわゆる103万円、130万円の壁の問題などの議論に対し、流通・小売業界の現場の声を反映させるため、力を合わせることを確認しました。

本日も多数の組合にお伺いしました。入場門でのお出迎え、食堂での笑顔の握手、20時を過ぎた遅い時間にも関わらず私の話に真剣に耳を傾け質問を投げかけてくれた皆さま方、一人ひとりの心温まるご対応にたくさんの元気と勇気を頂きました。本当にありがとうございました。