What’s Now

アーカイブ: What’s Now
2015年3月9日(月) 4:31

2015賃金闘争ヤマ場に向けて! 日本が真の経済回復を果たすためには、日本経済の60%を占める国内消費(内需)の拡大を図ることが不可欠です。そのためには、内需の担い手である一般国民の実質給与を物価上昇に合わせて引き上げ、可処分所得を守らなければなりません。  組合員の生活防衛のため、2015賃金闘争における各組合の皆様のご奮闘を心より祈念致します。

2015年3月2日(月) 2:40

雇用の行方(非正規雇用労働者・短時間労働者の雇用はどうなるの? 現在安倍政権が改正を目指している主な労働法制は ホワイトカラー・エグゼンプション、限定正社員制度、労働者派遣法改正案、解雇の金銭解決制度などがあります。 このことは、安倍首相が、表面的には経済団体に対して労働者の賃上げを要請するポーズを取りつつ、一方で賃下げに繋がる労働政策を推進しようとしています。

2015年2月23日(月) 10:39

【実質可処分所得アップが不可欠】 今後の景気の行方を占う上で大切なことは、まず物価状況に見合うだけの賃金上昇を確保することです。昨年賃闘では多くの企業で久方ぶりの賃上げ・ベア獲得がありましたが、実際には円安の影響から賃金上昇を大幅に上回るペースで物価が上昇し、実質可処分所得は減少しました。この状況を打開するためには、物価上昇に見合うだけの賃金アップを勝ち取るしかありません。

2015年2月17日(火) 1:39

今後の景気の行方は? アベノミクス第3の矢は? これまでのところ第1の矢、第2の矢は、そこそこ安倍政権の想定通りに進んでいることは、円安(極端すぎるきらいはありますが)や建設業界の活況から見て取ることができますが、その恩恵はごく一部に留まっています。皆さんも恐らく景気回復の実感はないでしょう。むしろ物価上昇に賃金が追い付かず生活が苦しくなっている方が多いのではないでしょうか?

2015年2月6日(金) 12:00

ホームページをリニューアルしました。 活動状況を発信して参りますので、皆さまどうぞ宜しくお願い申し上げます。

1 6 7 8loading