かわいたかのりの最新動向をお知らせ

3月8日、本日は20度を超える暖かい天候に恵まれた徳島県にて、朝7時から四国化成徳島労組の早朝の門立ちでスタートし、マルナカ藍住店、東邦テナックス労組徳島支部、社会保障診療支払基金労組徳島県支部(支払基金)、倉敷紡績徳島支部、阿波労連コロナ工業労組、日清紡吉野川支部で職場集会を開催頂き、私の流通・小売産業政策やものづくり産業政策に対し耳を傾けて頂きました。また夜は徳島県内の組合リーダーの皆さまにご参集頂き、昨今の政治情勢に関する意見交換会を行いました。
本日訪問した支払基金労組では、昨今の規制改革の動向と問題点について労使で意見交換を行いました。現在、規制改革会議において医療費削減を目指して支払基金の統廃合が議論されています。そもそも支払基金は病院の医療費の請求内容が正しいかどうかを点検する機関であり、支払基金の業務が適正に運用されることによって医療費削減が図られるのであって今回の組織改編は、下手をすれば医療費削減できないばかりか地域医療の独自性を失わせる危険性すらあるのです。こうした声を国政に届けるためにも頑張りたいと思います。


SSL GMOグローバルサインのサイトシール
公式サイトの確認方法